福岡リート投資法人

福岡リート投資法人

Last Update / 2020.04.01

  • 初めての方へ
  • 投資法人概要
  • IR情報
  • サステナビリティ
  • 物件情報
  • 財務情報
  • よくあるご質問
  • HOME>物件情報>全物件稼働率とアクティブ商業の売上データ

    TOPICS/トピックス

    全物件稼働率とアクティブ商業の売上データ

    このページを印刷する

    - CONTENTS GUIDE

    01. 全物件稼働率

    エクセルデータをダウンロード
    物件名称 第31期(2020年02月期)
    2019.092019.102019.112019.122020.012020.02



    キャナルシティ博多 98.0% 99.9% 100.0% 100.0% 100.0% 99.8%
    キャナルシティ博多・B 99.4% 100.0% 99.6% 99.6% 99.6% 99.5%
    パークプレイス大分 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 99.9% 99.9%
    サンリブシティ小倉 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    木の葉モール橋本 100.0% 100.0% 100.0% 99.2% 99.2% 98.7%
    スクエアモール鹿児島宇宿 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    熊本インターコミュニティSC 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    花畑SC 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    久留米東櫛原SC 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    ケーズデンキ鹿児島本店 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    マリノアシティ福岡(マリナサイド棟) 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%





    キャナルシティ・ビジネスセンタービル 94.4% 94.4% 94.4% 95.5% 100.0% 100.0%
    呉服町ビジネスセンター 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    サニックス博多ビル 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    大博通りビジネスセンター 99.5% 100.0% 100.0% 100.0% 99.5% 99.1%
    東比恵ビジネスセンター 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    天神西通りセンタービル 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    天神ノースフロントビル 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    東比恵ビジネスセンターⅡ 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%


    アメックス赤坂門タワー 98.5% 94.1% 93.0% 93.4% 93.5% 95.0%
    シティハウスけやき通り 92.3% 90.0% 95.0% 93.4% 93.3% 93.3%
    Aqualia千早 100.0% 100.0% 96.8% 97.9% 100.0% 97.9%
    ディー・ウイングタワー 94.0% 96.2% 96.5% 94.7% 94.7% 97.7%
    グランフォーレ薬院南 100.0% 98.0% 99.0% 99.0% 99.0% 97.0%
    ホテルフォルツァ大分 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    ティサージホテル那覇 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    鳥栖ロジスティクスセンター 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    ロジシティみなと香椎 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    ロジシティ久山 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
    加重平均稼働率 99.4% 99.6% 99.6% 99.6% 99.7% 99.7%
    期中平均稼働率 99.6%

    ※各月末時点での数値です。
    ※最新月は速報値のため、稼働率が確定後、変更となる場合があります。
    ※稼働率は、総賃貸可能面積に対して総賃貸面積が占める割合を、小数第二位を四捨五入して記載しています。

    02. アクティブ商業の売上データ

    福岡リート投資法人は、保有物件の中で不動産賃貸収入について売上の変動による影響を受けやすい商業施設(キャナルシティ博多、キャナルシティ博多・B、パークプレイス大分、サンリブシティ小倉、木の葉モール橋本)をアクティブ商業といいます。


    月次グラフ
    年次グラフ

    キャナルシティ博多 + キャナルシティ博多B (9月~8月)

    億円

    パークプレイス大分 (9月~8月)

    億円

    サンリブシティ小倉 (9月~8月)

    木の葉モール橋本 (9月~8月)

    億円
    (注)木の葉モール橋本は、2018年3月1日に取得したため、売上高は2018年3月から掲載しています。

    キャナルシティ博多

    百万円
    2018年 2019年 2020年
    (注)キャナルシティ博多(全体)のうち、2004年11月9日に取得した「キャナルシティ博多」部分の各店舗売上高を月別に集計したものです。
    (2011年3月2日に取得したキャナルシティ博多・B部分、及びキャナルシティ・ビジネスセンタービル部分、及び、福岡地所株式会社が保有する「キャナルシティ劇場」部分等の売上は含みません。)
    【2020年1月2月売上概況】
    2月に入り新型コロナウイルス感染症の感染拡大よる、訪日外国人観光客の減少等により大型免税店等において売上が減少。全館売上の前年比は、1月97.4%、2月75.4%。
    【2019年11月売上概況】
    キャナルシティ博多/キャナルシティ博多Bは、キャナルシティ博多・BのOPA区画2階のリニューアルが10月末で完了し、11月全館売上は前年比98.7%。
    【2019年10月売上概況】
    キャナルシティ博多/キャナルシティ博多B の10月の全館売上は、前月から引続き行われていた、キャナルシティ博多・BのOPA区画2階のリニューアルによるクローズの影響及び大型免税店の売上減により、前年比93.4%。一部のテナントで韓国観光客減少の影響はあったものの、上記2区画の売上を除く売上は前年比101.8%。
    【2019年9月売上概況】
    キャナルシティ博多/キャナルシティ博多・B の9月の全館売上は、キャナルシティ博多・BのOPA区画2階のリニューアルによるクローズの影響及び大型免税店の売上減により、前年比90.6%。韓国観光客減少の影響はあったものの、上記2区画の売上を除く売上は前年比97.6%。

    キャナルシティ博多・B

    百万円
    2018年 2019年 2020年
    (注)キャナルシティ博多(全体)のうち、2011年3月2日に取得した「キャナルシティ博多・B」部分の各店舗売上高を月別に集計したものです。
    【2020年1月2月売上概況】
    2月に入り新型コロナウイルス感染症の感染拡大よる、訪日外国人観光客の減少等により大型免税店等において売上が減少。全館売上の前年比は、1月97.4%、2月75.4%。
    【2019年11月売上概況】
    キャナルシティ博多/キャナルシティ博多Bは、キャナルシティ博多・BのOPA区画2階のリニューアルが10月末で完了し、11月全館売上は前年比98.7%。
    【2019年10月売上概況】
    キャナルシティ博多/キャナルシティ博多B の10月の全館売上は、前月から引続き行われていた、キャナルシティ博多・BのOPA区画2階のリニューアルによるクローズの影響及び大型免税店の売上減により、前年比93.4%。一部のテナントで韓国観光客減少の影響はあったものの、上記2区画の売上を除く売上は前年比101.8%。
    【2019年9月売上概況】
    キャナルシティ博多/キャナルシティ博多・B の9月の全館売上は、キャナルシティ博多・BのOPA区画2階のリニューアルによるクローズの影響及び大型免税店の売上減により、前年比90.6%。韓国観光客減少の影響はあったものの、上記2区画の売上を除く売上は前年比97.6%。
    キャナルシティ博多とキャナルシティ博多・Bの違いについてはこちらをご覧ください。

    パークプレイス大分

    百万円
    2018年 2019年 2020年
    (注)パークプレイス大分の各店舗売上高を月別に集計したものです。

    サンリブシティ小倉

    2018年 2019年 2020年
    (注)株式会社サンリブから実額を開示することについて了承が得られていないため、サンリブシティ小倉の月別の売上高実額を削除して記載しています。

    木の葉モール橋本

    百万円
    2018年 2019年 2020年
    (注)木の葉モール橋本の各店舗売上高を月別に集計したものです。
    木の葉モール橋本は、2018年3月1日に取得したため、売上高は2018年3月から掲載しています。
    保有物件の紹介 運用戦略
    物件情報
    PAGE TOP